映像を分析をして学ぼう

■ 好きな映像を分析しながらカットの多様性を学ぼう

  • 映像の分析に血道を上げろ !!
    → それがカメラマンとしての表現の幅を身につける方法です。
  • お気に入りの映画や動画を徹底的に分析しよう。
    → 自分が気に入っている理由と、それを支えるカットの積み重ねを関連づけて考えていこう。

■ カメラワーク上達のために

  • まさに準備が大切です。現場で、いざ撮影となる前に、いかに良い準備をしたかが決め手になります。
  • より楽にカメラを動かせると、スムーズな撮影につながります。

■ 好奇心旺盛で何にでも興味を持つと

  • 無限にアングルは存在します。あなたが、"いいな" と思ったそこです。◎ 撮影対象に激しく興味を持つことが、撮影を成功させる秘訣でもあります。

■ カッコ良さと臨場感

  • フラットな角度での撮影は、撮影対象が本来持っている臨場感を表現するのが難しくなります。
  • カッコ良さに敏感になろう
    (例) あのDVDの、スノーボードのジャンプは、なんでカッコ良さそうに見えるのか?
    ではなく、なんでカッコ良いのかを探すことでもあります。

■ リスク回避

  • 盗難の悲劇を防ぐ一番のポイントは、やはりカメラから「目を離さない」ことに尽きます。
  • 疲れたときや、川、海、ジュースが周りにあるときなど、カメラが水に濡れないように気を付けよう。

■ マナーについて

  • 「どこでも撮影して良い、誰を撮っても良い」という考えは甘すぎます。
    → この場所は撮影可能かどうか、この人を撮影させていただいても良いか、事前に確認をしよう。

■ 成功体験のワナ

  • 上手くいったという成功体験は実は危険な側面もあります。
    → 成功体験を重ねれば重ねる程、リスクへの恐れがなくなっていくからです。
    → すると、リスクを想定しなくなります

 

次のページ「Note04: 写す人物、その人の想いそのものを表現していこう」